理科実験教室・科学体験・論理思考力・私立中学受験・知育知能教育・野外活動・おもしろ実験・イベント実験・ノート作成・記述力向上 キッズアース:自然科学数理教室の最新情報ブログ


ウニの殻でランプを作ろう!


本日は冬の特別授業でした。

 

テーマは「クリスマスウニランプ」。

 

まずはウニの成長の過程を勉強して、ウニの卵からの成長過程

を5段階ぐらいに分けたホンモノの生態を顕微鏡で観察します。

 

これはウニのトゲトゲを取った殻の部分です。


この殻にビーズなどを使ってオリジナルの装飾をしていきます。

 

 

装飾をし終わるとこんなふうにかわいいウニのランプが完成します。

 

部屋の明かりを消すと・・・

とってもきれいなウニランプの完成です!

クリスマスの飾りにもピッタリですね。

 

みんな大事そうに持って帰りました。

 

| ブログ | 18:23 | comments(0) | -
天秤を作ろう

今週の3年生は天秤の原理を学ぶために使う実験道具を自分たちで手作りします。

 

工作キットもありますが、自分で作ることで、学べることはたくさんあります。

 

木材をサイズに合わせて、切り出すところから始めます。

 

ノコギリは使ったこともある子供たちもいて、早く使いたい!と

 

ワクワクしたようすでした。

真剣な表情で、一生懸命に切ってくれました!

 

はじめてノコギリを使った子の感想は、木って意外と固いんだね、でした。

 

 

それから、おもりを掛けるための穴をキリで作ります。

 

数が多くて、大変だったーと言いながらも、最後までできました!

 

棒に穴を開けた板を取り付け、左右のバランスを修正したら、完成です。

 

次回はこの自分で作った天秤で天秤の原理の実験です。

 

頑張りましょう!

 

| ブログ | 18:41 | comments(0) | -
レンズを通った光はどうなるの?

JUGEMテーマ:学問・学校

 

11月の2年生の授業は、「光」の学習です。

今週は光の屈折について学びます。

レンズを通った光は、どのように進むのでしょうか?

 

まず、水そうの中に虫メガネをセットします。

 

光の道筋がよく見えるように、水そうの中を線香の煙でいっぱいにします。

 

教室の照明を消して真っ暗にし、懐中電灯の光を虫メガネに当てます。

 

虫メガネを通った光が、壁に映っています。

どうして大きな円になるのでしょう?

 

横から見ると、虫メガネを通った光の筋がはっきりと見えています。

虫メガネを通った光は一度集まり、そのあとまた広がっていますね。

だから、壁に映った光は大きな円になったのです。

光はレンズを通ることによって、屈折するということがわかりましたね!


 

| ブログ | 14:20 | comments(0) | -
世田谷区船橋小学校 サイエンスイベント!

本日は世田谷区にある船橋小学校にお邪魔しました。

 

1〜3年生を中心に予定よりたくさんの生徒と保護者の方に集まって

いただきました。

 

始まる前からみんなとても元気で、興奮して盛り上がっていましたが(笑)

 

まずはいつものように巨大風船でスタートです。

みんな立ち上がって、スタートから大興奮!

 

今回は初めての試みで、参加者のお母さんにも白衣を着てもらって

手伝っていただき、大活躍!!

 

お陰様で最初から最後までとても盛り上がったイベントになりました。

 

皆さん、また会いましょうね!!

 

 

 

| 出張イベント | 18:22 | comments(0) | -
海のニンジャたちを採取せよ!

本日より一泊2日で三浦半島の長浜海岸にやってきました。


今回のテーマは「海のニンジャたちを採取せよ!」


擬態する海の生物たちをさまざまな方法で採取します。

| - | 12:31 | comments(0) | -
牛乳からプラスチックを作ろう!!

今年もいよいよ冬の講座の内容を確認する

時期になってきました。

 

その中の一つをちょこっと紹介します!

 

年中〜小2を対象に、

なんと牛乳からプラスチックを作ってしまいます。

 

先日、先生たちで事前の実験研修を行いました。

 

まずは牛乳にある液体(まだ秘密です)をまぜて

温めたものから液体をこしとり

固体の部分だけを取り出します。

 

そこから少々作業がありますが、(これもまだ秘密です)

 

そして、好きなカタチをつくって・・・

 

せっかくなのでかわいく色をつけて完成です!

とってもかわいくできましたね〜〜〜

 

これ全部、牛乳から作ったプラスチックです。

 

もちろん環境にもとてもやさしい!!

 

他にも楽しい実験をやるので皆さん、是非参加して下さいね!

 

内部生にはパンフットをすでに送りましたが、

詳しくは11月に入ったらHPにUPします!

 

 

| ブログ | 12:43 | comments(0) | -
イライラ棒!

JUGEMテーマ:学問・学校

 

先週から2年生は、電気の実験に入りました。

スイッチ回路、電球の直列・並列などについて学んでいます。

そして今週は、みんなが楽しみにしていた「イライラ棒」の作成です!

前回学んだ「スイッチ回路」を利用して作ります。

 

先ずは下準備から。

電気を通すために、アルミ線の表面をやすりで削って金属部分を露出させます。

このアルミ線でコースを作って・・・

電池ボックス、リード線、豆電球と一緒に組み立てます。

リード線の端を釣り針のように曲げ、コースにぶつからないように慎重に進めます。

ぶつかってしまうと失敗!

豆電球が光って教えてくれます。

最後はみんなで、完成した「イライラ棒」を交換して遊びました。

 

電球が点くしくみを利用して遊び道具を作ることも、とっても楽しいですね♪

 

 

| ブログ | 18:00 | comments(0) | -
電気抵抗と発熱

先週と今週の3年生は「電気抵抗」の実験です。

 

以前に直列・並列回路でもっとも明るくつく回路を調べたときに、

 

どのつなぎ方が強いパワーが出るか調べました。

 

今回はさらに電気の流れを止める力が強いとどんなことが起こるか、

 

金属線を使って調べました。

 

エナメル線とニクロム線を使い、金属の種類の違いで抵抗にどのような違いがあるか、

 

実験です!

 

まずは装置を組み立てます。

 

 

装置が出来たら、1分ごとに温度を計測します。


 

「わ!どんどん上がっていく!」

 

「あれ?こっちはあまりかわらないよ。」

 

調べていくうちにだんだんと金属の種類によって、

 

発熱の仕方が違いが分かってきましたね。


 

この電気抵抗によって発熱する作用を利用して、

 

発砲スチロールが切れるカッターを作りました!

 

「すごい!!さくさく切れるよ!」

 

曲がっている形もこのカッターなら簡単に切ることができます。

 

 

丸い形にチャレンジ中。

 

何度か練習するうちに上手にできるようになってきたと嬉しそうに見せてくれました。

 

最後は動物の顔も作れましたね。

 

| ブログ | 19:31 | comments(0) | -
土の中に住む小さな生き物

今週の4年生〜の授業はツルグレン法です。

 

これは土の中から採取したナゾの生きものです!

顕微鏡で40倍に拡大しています。

クモの仲間ですね。

 

ツルグレン法とはこのように土の中の微生物を採取

する方法の一つです。

 

その方法は・・・

 

まずは出来るだけ枯れ葉の積もっている柔らかい土を

掘ってきます。

 

その土を写真のような自作のツルグレン装置の容器に

いれて、上からライトで強い光を照射!

 

光に弱い土の中の生物たちは土の中にもぐっていき、

容器の底のほうへまっしぐら!

 

ところが、この容器の底には小さな穴がたくさんあいていて

そこから下のシャーレめがけてまっさかさま!

 

という具合です。

 

少しかわいそうですが、場所によってはビックリするぐらい

沢山の微生物を発見することができるんです。

 

しっかり観察してノートにまとめよう!

 

 

 

 

 

| ブログ | 10:36 | comments(0) | -
顕微鏡を使おう!

今週の2年生の実験は「顕微鏡の世界」です。

 

解剖顕微鏡と生物顕微鏡の使い方を学びます。

 

使い方を学習したあとは、実践です。

 

何が入っているの?と興味津々。

 

箱を開けると…中から顕微鏡が出てきましたね!

 

調節ねじを回して、ピントを合わせます。

 

プレパラートには文字が書かれていますが、どんな風に見えたかな?


 

生物顕微鏡と解剖顕微鏡それぞれの見え方に違いがあるか調べます。

 

しっかり観察して、違いを教えてくれましたね!

 

 

調節が難しい…と言っていたみんなも終わるころには、できたよ!見てみて!と合わせて見せてくれました。

 

まだやりたーい!となかなか顕微鏡から目を離してくれないくらいです。

 

来週と再来週も顕微鏡を使って実験することを伝えると大喜びでした。

 

今度は土の中や水の中の小さな生き物を採集し、観察しますよ。

 

頑張りましょう!!

 

| ブログ | 18:44 | comments(0) | -
| 1 / 61PAGES | >>
カテゴリー
最近のスタッフ日記
スタッフプロフィール
ホームページ
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES