理科実験教室・科学体験・論理思考力・私立中学受験・知育知能教育・野外活動・おもしろ実験・イベント実験・ノート作成・記述力向上 キッズアース:自然科学数理教室の最新情報ブログ


大収穫!!

今年、最後のキッズアースファームでした〜

ご覧の通り大収穫です!!

| ブログ | 12:48 | comments(0) | -
キッズアース ワクワクチャンネル開設!

実験や野外活動の様子を動画で紹介するYoutubeチャンネル

「わくわくチャンネル」がスタートしました!

 

野外活動でしか得られない体験や教室での授業風景など、

キッズアースの魅力が凝縮された動画を配信します。

HP又はYoutubeにてご覧いただけます。

 

第一弾は11月に行った野外活動「海の危険生物を調査せよ!」の

様子をまとめました。

是非ご覧ください! 

http://kids-earth.com/#wakuwaku

| ブログ | 18:30 | comments(0) | -
成長するということ

※写真は文章の生徒とは関係ありません

 

先月、小学5年生がオセロの世界大会において史上最年少で世界一になった

ニュースが飛び交いました。

 

そのニュースを聞いた時に、キッズアースの過去の生徒に

ポケモンカードゲームで

世界大会に出場した昔の生徒を思い出してしまいました。

 

の子は実験ノートもいまひとつ雑で、毎回しかられてばっかりで、

塾にはいっていましたが、保護者の方にもそれほど成績に対しての

執着も感じられず・・・

 

中学受験のために塾が忙しくなる中、毎週キッズアースの授業に

通ってくれていましたが、さすがに試験も近くなると、

ダイジョブかなーと心配していたところ、

なんと麻布にスパッと合格してしまい、ビックリでした。

 

よく考えてみるとその子がいたクラスの子どもたちは実験が大好きで、

塾がどんなに忙しくなっても最後の最後まで通ってくれた子ばかりで、

授業中も先生に頼ることなく自立していたことを思い出しました。

 

その子たちの授業を担当するある日、先生たる私自身が、

生まれてはじめて39度の熱を出したことがありました。

朝から調子が悪かったのですが、当日代わりの先生もいないので

取りあえず薬を飲んで授業を始めました。

 

途中から自分でもどんどん体調が悪化して行くのがわかり、

ついに授業で立っているのさえ

キツイと感じるぐらいになっていました。

 

夕方の、その日の最後の授業はその子たちのクラスです。

 

何とか気合いを入れ直して始業の挨拶をした瞬間に、

何人かの子どもたちが「先生、顔が真っ赤だよ」「元気ないなあ」

などと言い始めたので、

「ちょっと熱があってキツイけど、今日最後の授業だから大丈夫だよ」

と少し強がって見せました。

 

実験の方法等を板書し終わって少し座っていると、

ノートを取り終わった子どもたちが

「実験は自分たちで進めるから、先生は休んでいていいよ」と、

自ら道具を机に準備して、

それぞれに役割分担を決めてテキパキと動き、

いつも以上に協力をして進めてくれているように見えました。 

 

1年生の時はノートをとるのもやっと、

2年生の時には仲間に順番を譲らず叱られ、

そして3年生ぐらいになると少し反抗期を迎えて中々言うことを

素直に聞いてくれなかったこともあった姿が妙に思い出ました。

 

でも、今、その子どもたちが今は体調の悪い自分を助け、

そしてしっかりと自身の力で考え、仲間と協力をして

授業を進行してくれていることを目の当たりにして、

その成長ぶりに深い感銘をうけると同時に、

気持ちの上で少し体調が回復したような心地さえ覚えました。

 

もちろん、そのクラスの全員がトップレベルの中学に合格しました。

 

本当に熱中できるものを発見し、それを軸に自分自身で試行錯誤し、

考え抜く力を自然と養っていった子どもたちは、

外部から強制されるのではなく、

学力も含めたその能力を自身の力で伸ばしていくことが出来るようです。

 

その子の能力を最大限に伸ばすための環境を整えることが

大人の責任なのかなと実感させられる出来事でした。

 

| ブログ | 10:33 | comments(0) | -
マインクラフト プログラミング体験授業

今、流行りのマインクラフトを使ったプログラミングの体験授業を行いました。

 

今回は麻布でキッズアースの理科実験とロジカルを開講してくれている

「こどもガレージ」さんの協力を得て、特別講師をお願いしました。

 

「こどもガレージ」さんの会社は株式会社リーンといって本業はWEBデザイン

の会社なのでITに関してはプロフェッショナルなんですね。

 

初めての子もいたのですが、ほとんどの子が家でもやっていて最初から

盛り上がっていましたが、

 

今回はまずしっかりと基本と目的を学び、課題にとりかかりました。

 

時間になってもみんなハマってしまって、

もっとやりたーい!と中々帰らない子が続出でした。

 

キッズアースの通常授業としての開講も検討中です!

 

| ブログ | 17:16 | comments(0) | -
熱気球を飛ばせ!

本日の1年生のテーマは「熱気球を飛ばせ!」です。

 

みんな熱気球は知ってますか? と聞いたところ、一人の生徒が

先週乗ったばっかりだー!と大はしゃぎ。

 

ではなぜ熱気球は飛ぶのでしょう?

なんか中で火をもやしてたなー

 

そうです、気球の袋の中の空気をあたためています。

 

空気をあたためるとどうなるのかな?

 

袋がだんだん膨らんでいくね。

そして、空に飛んでいきます!

 

空気はあたためると大きくなるけど軽くなります。

 

さあ、ではまず大きなビニール袋を使ってみんなで気球を

作りましょう!

 

完成したら、さあ教室で気球を飛ばせ!

すごーい、大きなビニール袋の気球が天井まで上がって、大成功!

 

| ブログ | 12:23 | comments(0) | -
海の危険生物を採取せよ!

本日より房総半島の大房岬でアースニットです。

今回のテーマは海の危険生物。

まずは海岸にワナをしかけに行きました。

この後、今日で危険生物の授業をしっかり受けて夕食後の夜の海に仕掛けたワナを引き上げに行きます!

何が入っているか楽しみですねー


| ブログ | 15:02 | comments(0) | -
水にはいると光がまがる? @センター南

水にわりばしをいれると曲がったようにみえるのはなぜだろう?

 

水と光の関係を解き明かすために、光の道筋が見える仕掛けを作り、

光の動きを調査しました!

 

赤い光を、空気から水に入れると…

「光が曲がった!」と声があがりました。

 

 

今回は屈折だけでなく、水面の「反射」も観察し、

その違いまで考え、ノートをまとめました。

 

光の屈折の法則性については、中学校で学ぶ内容ですが、

楽しみながら「光のヘンな動き」を学びました!

 

=====================================

【キッズアースイベント情報】

11月に、2つのスペシャルイベントを開催!

 

楽しみながら学ぶ!はじめてのプログラミング体験会

 〜ビジュアルプログラミング×マインクラフト〜
 ・対象:小学1年生〜(保護者同伴)
 ・日時:2018年11月11日(日) 10:00-11:30
 ・料金:2,000円(税込)
 ・場所:センター南校
青葉台サイエンスワークショップ
 〜色を変える!化学のカラーマジック〜
 ・対象:年長〜小2(保護者同伴)
 ・日時:2018年11月23日(祝金) 10:00-12:00
 ・料金:1,000円(税込)
 ・場所:青葉台校
■■■詳細・お申込み■■■
http://kids-earth.com/
■■■■■■■■■■■■■

=====================================

| ブログ | 19:39 | comments(0) | -
本日は算数検定。

キッズアースでは1年間に1、2回程度ですが、検定協会の準会場として

算数検定を実施しています。

 

ふだんはにぎやかな実験で盛り上がっている生徒たちも本日は真剣勝負!

 

1年生で初めて受験する子は少し緊張気味ですが、

問題と真剣に向き合っています。

 

受験する子は、実験クラスのほかに論理思考講座 ロジカルを受講している

子が多いので、ふだんの成果を大いにだしてもらいたいものですね。

 

来年度はもう少し回数を増やして実施をするつもりです。

 

やはり、具体的な目標があったほうが、モチベーションは上がりますからね。

 

11月上旬には結果がわかるはず・・・

 

ドキドキしながら良い結果を待ちましょう!

 

 

| ブログ | 14:02 | comments(0) | -
キッズアースの野外活動

 キッズアースの野外活動“アースユニット”も今年度は11月3日〜4日が

最後になります。

 

今年も様々なテーマで挑戦してきましたが、

今回は「海の危険生物」をテーマに扱います。

 

 実際の生物を今回も特別講師をお願いしている寺田先生といっしょに

 私たち講師があらかじめ採取しに行って観察に使用しうるものを確保し、

 

 当日は事前に調査済の安全な場所で子どもたちといっしょに

ワナだけを仕掛けに行き、

時間がたってから引き揚げの作業をしてみるつもりです。

 

もちろん、ノートまとめやプレゼンテーションにはたっぷりと時間を

使いますので、参加する子どもたちの学習量は

いつものことですがかなりのボリュームになるはずです。

 

アースユニットを実施するたびに思うのですが、あれだけの学習量を

先生や大人たちに半ば強制されてこなすのではなく、

自ら主体的に取り組むことが出来ているので、

子どもたちにとっての達成感はテストで高得点をとった時よりも

大きいのではないでしょうか。

 

学力も含めた、子どもたちの成長は均一なものではありません。

 

もちろん今後は受験という壁にだれもがぶつかり、

それを乗り越えるためには

テストで点数を取るということが求められるでしょう。

 

ただし、それがゴールではない、ということもまた事実です。

 

アースユニットでは、子どもたちが主体的に取り組むことに

熱意あふれるワールドが生み出されます。

 

その中だからこそ、それぞれの個性がしっかりと見え、

また、それぞれの強みもまた見えてくることも多いのです。

 

そしてその個性や強みをしっかりと捉えて、褒めて

認めてあげることにより自立的な学習に対するモチベーションは

より高めることができるのです。

 

私自身がかつて働いていた学習塾業界の勉強合宿の良さと、

子どもたち自らが考え、行動する野外活動の良さを合体させようと

試行錯誤の結果として

現在のアースユニットがあります。

 

もちろんまだまだ未完成なところもありますので

今後は一層の工夫を凝らし、

安全という確固たる土台の上に、学力にも結び付き、

なによりも主体的に学ぶ力を育むための

合宿にしていきたいと思っています。

 

 

 

 

| ブログ | 11:13 | comments(0) | -
スチロールカッターを作ろう! @ 青葉台

今週の3年生はスチロールカッター作りです。

 

先週に「電気と発熱」という課題で、電気を熱エネルギーに変えるとどうなるか、

 

金属線の種類を変えて実験しました。

 

電気が発熱する力があること学んだ中で、発熱が高かったニクロム線を使い、

 

発泡スチロールを切ることのできるカッターを作りました!

 

電池ボックスにはスイッチがついていて、その位置をどこにつけたら、

 

リード線とのつながりが良いか、色々と試行錯誤して、

 

ベストボジションを探します。

 

本体が完成したら、ニクロム線をカッターの先に取り付けて、完成!!

 

「すごい!自動で切れてるみたい!」
「丸ができたよ!」
と、曲がった形ができたことに驚きつつも、もっとやりたいと時間いっぱいまで
アルファベットや太陽など作ってくれました!

 

 

自分の思った形にしようと夢中になって取り組む、

 

みんなの顔は本当に生き生きしていました!

 

 

太陽のまわりを表現するのは大変だったけど、素敵なアイデアでよい作品が作れましたね。

 

 


 

 

 

 

 

   

 

 

 

| ブログ | 19:11 | comments(0) | -
| 1 / 58PAGES | >>
カテゴリー
最近のスタッフ日記
スタッフプロフィール
ホームページ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES