物質の三態 〜液体〜

  • 2020.10.09 Friday
  • 15:06

センター南校の江嶋です。

雨が続いて憂鬱な気分になりがちですが、教室ではみんな元気いっぱいです!

 

10月の2年生の実験は、「物質の三態」について学んでいきます。

三態とは固体・液体・気体ですが、今週は「液体」の実験です!

 

液体を温めたり冷やしたりすると、変わるのは温度だけでしょうか?

実際に水を使って、実験してみます。

 

三角フラスコに水をたくさん入れ、ガラス管付きゴム栓でふたをします。

そして、水の位置にマジックで印をつけます。

 

 

三角フラスコを水槽に入れ、お湯をかけると・・・

 

 

 

水が上がってきて、ガラス管の先からあふれました!

 

次は、そのフラスコを氷水の中に入れたらどうなるでしょう?

みんなからは、「もっと水があふれる!」「水が下がる!」などの意見が出ました。

 

氷水が入った水槽にフラスコを移し、氷水をかけてみると・・・

 

 

水がどんどん下がっていきます!

「わー!」「すごい!」と、みんな大興奮。

最初の線より、ずいぶん下までいきました。

 

水は温めるとふくらみ、冷やすとちぢむということがわかりましたね。

 

来週は「気体」の実験です。

楽しみですね♪

 

 

むしやき

  • 2020.09.19 Saturday
  • 13:19

今週の3年生の実験はわりばし(木材)の”むしやき”です。

 

割りばしに直接、火をつけて燃やした時と、試験管につめこんで

その中で蒸し焼きにした時の違いと変化を調べます。

 

まずは割りばしを折って、試験管に詰めてからガラス管のついた

ゴム栓をしてレトルト台にセットします。

 

しばらくするとガラス管から煙が出てきましたね!

 

その煙にマッチの火を近づけてみると・・・

きれいに火がつきました!!

 

これは”木ガス”といって蒸し焼きにしたときに木から発生するガス

なのです。

 

匂いがけっこう強烈でみんな「くさいー!!」と大騒ぎ。

 

ちなみに試験管の中の割りばしは真っ黒の”木炭”に

また、茶色い液体”木酢液”も分離されます。

 

しかし、すべてがとても強烈なにおいを放ち、教室内は全体的に

すごいにおいが立ち込めて大変でした(苦笑)

 

 

 

水の中の小さな生物。

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 17:45

今週の2年生の授業は先週の”土の中の小さな生物”に引き続き、

”水の中の小さな生き物”です。

 

まずは教室のそばの公園の大きな池まで池の水を採取しにいきます。

 

教室に戻ったら早速、顕微鏡で観察です!

あ、その前に1年生で学習したはずの顕微鏡の使い方の復習ですね。

 

みんなしっかり覚えていてくれました!

 

おーーー ミジンコ発見!!

「こわい〜〜」「すごい!!」等々大騒ぎになりました。(笑)

中には「もって帰る〜〜」という女の子も(苦笑)

 

お母さんに怒られるので、バケツに戻して教室で可愛がりましょうね!!

 

 

 

身近な材料で炎色反応!

  • 2020.09.04 Friday
  • 19:27


前回は様々な薬品をアルコールに溶かしての実験でしたが、今回は湿気取りの乾燥剤、味の素、ミョウバン、青い折り紙等々、身近なものを細かくしてアルコールに混ぜて燃やしてみました。

これはゴキブリを退治するためのホウ酸ダンゴの炎色反応です!

綺麗な緑色になりましたー

おや、ちょっと怖いカゲを発見!

夏はまだまだ終わってませんね(笑)


本日はリモート授業!

  • 2020.05.17 Sunday
  • 13:14


本日はキッズアース初のリモート授業に挑戦しました!

 

先日、内部生のみんなに送ったサニーレタスの水耕栽培キット

のやり方を植物の特徴や成長のしくみも解説しながら授業をしました。

 

お陰様で70名ぐらいのみんなが参加してくれました。

 

4月からずーーーっとお休みなので、みんなの顔を見るのは

ホントに久しぶり!!!

 

教室からみんなの顔を見た、キッズアースの先生もみんな大喜びでした。

 

今日の授業をもとに、しっかりそだててくださいね!

 

次は、是非、教室で会いましょう!!!

 

☆この水耕栽培セットを外部生の皆様にもプレゼントします!

 (詳しい解説書と授業動画のアカウント付です)

 

ご希望のかたはHPの問合わせフォームよりお申込み下さい!

 

 

 

自然観察で想像力と思考力を育もう!!

  • 2020.05.04 Monday
  • 11:59

 

春からのながーーーいお休み。

 

せっかくなのでキッズアースでは生徒の皆さんにじっくり植物を栽培して

もらおうと、手作りですが、栽培キットを配布することにしました!

 

写真付きのわかりやすい解説書付きです。

 

もちろん観察記録もしっかりととってもらうために

オリジナルのノートも作りました。

 

学力を上げることは本当に大切な事だとは思いますが。

 

自然観察から育まれる想像力や思考力もまた、子どもたちが将来、

大きく飛躍するために大切なものだと思います。

 

植物といっしょに、そんな力もしっかり育てましょうね!

 

 

 

虹をつくろう!!

  • 2020.04.17 Friday
  • 15:36

よーーーーく、見ないとわからないと思いますが・・・

 

手のひらに虹をつくってみました!

 

分かりますか???

 

黒い紙に細かいソーダガラスという細かいガラス玉の粒をのせて太陽を背に

かざしてみると、ガラス玉の上にとてもきれいな虹を見ることが出来ます。

 

ホントはもっときれいに見えているのですが、写真だと限界がありますね(苦笑)

キッズアースでは1年生で光の進み方を学習して

2年生の授業で虹がなぜできるのかを勉強します。

 

ちなみに皆さんはご存知ですか?

もちろん光の性質が関係しています。

 

キッズアースの生徒はみんな知っているはずですが・・・

 

こちらはとてもはっきり見えたホンモノの虹です!

やはりホンモノのほうがきれいですねー

 

どうしてできるのかを知ってから見ると、またひとつ楽しみ方が増えますね。

 

 

 

 

 

 

砂糖水を重ねよう!

  • 2020.02.22 Saturday
  • 09:27

JUGEMテーマ:学問・学校

 

本日の実験のテーマは、液体の密度です。

いろいろな濃さの砂糖水を作り、試験管の中で重ね合わせてみます。

 

まず、上皿天秤で3g・6g・9gの砂糖をはかり、それぞれを50mlの水に溶かします。

 

 

次に、食用色素でそれぞれに違う色をつけます。

3gの砂糖水は黄色、6gの砂糖水は緑色、9gの砂糖水は赤色、ただの水は透明です。

 

 

そして、試験管の中にストローを差し、ストローの上からスポイトでそ〜っと水を入れていきます。

入れる順番は、水(透明)→3gの砂糖水(黄)→6gの砂糖水(緑)→9gの砂糖水(赤)です。

 

 

慎重に入れていくと、黄を入れると透明が上にあがり、緑を入れると透明と黄が上にあがり、最後に赤を入れると透明と黄と緑が上にあがります。

そして、きれいに色を重ね合わせることができました!

 

 

どうして液体が重なるのでしょうか?

それは、密度の違いです!

砂糖がたくさん溶けていると重くなり下にいき、逆に砂糖が少ないと軽くなり上にいくのです。

「密度」というとわかりにくいように感じますが、このように実際に見えるとよくわかりますね!

 

燃料電池でエコ発電

  • 2020.02.08 Saturday
  • 17:48

JUGEMテーマ:学問・学校

 

今週の高学年の授業テーマは「燃料電池」です。

どんな電池かというと、

”水”と”電気”しか発生させないエコな電池なのです。

 

まずは電気分解しやすい水溶液を作ります。

今回は「硝酸カリウム」を使用しました。

水に硝酸カリウムをいれてアルコールランプからあたためながら

よく溶かします。

 

溶けたら炭素棒の電極にワニクチクリップをはさんで電池につなぎ

電気分解を始めます。

 

この時に+極に出てくる泡が「酸素」、−極にでるのが「水素」です。

 

電気分解をある程度やった後は、電池から外して

電子オルゴールにつなぐと・・・

おー やった素敵なオルゴールの音が聞こえました!

 

これは電気分解された「水」と「水素」が

ふたたびくっついて化学反応をおこして”電気”を発生

させるからなのです。

 

 

最終的には「水」と「電気」しか発生させないエコな

発電。

実際に電力発電の方法としても取り入れられています。

 

少し理屈は難しかったですが、大成功でした!

 

 

12星座のプラネタリウム

  • 2020.01.25 Saturday
  • 13:27

JUGEMテーマ:学問・学校

 

本日の2年生の実験は12星座のプラネタリウム作りです。

 

みなさん、自分の誕生日の星座はご存知でしょうか?

その誕生日の星座が12星座になります。

 

まずは簡単に星座のお話。 ギリシャ神話が有名ですね。

そして、いよいよプラネタリウム作りです!

 

まずは星座シートの星のところに画びょうで穴をあけていきます。

明るい星は少し大きな穴を、暗い星は小さな穴を。

かなり地道な作業になりますが、みんな必死に頑張っています。

 

空け終わったらスチレンカップに両面テープでとりつけて、

後ろから懐中電灯で照らします。

 

どうです!?

ちょっときれいでしょ!!

 

こうやって少しずつ天体にも興味をもってもらいます。

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM