JAXA調布航空宇宙センターへ!

  • 2019.12.26 Thursday
  • 17:26

本日は年内最後の日帰りアースユニット(野外活動)でJAXAの調布航空宇宙センター

へ行ってきました。

 

JAXAといえば殆どの人が宇宙関係だと思っていると思いますが、

実は特殊な航空機等の研究も行っているのです。

 

調布はその航空関係の研究施設なのですね。

 

まずは超音速実験機の前からJAXAのスタッフの説明を受けながら超音速に

対応するための様々な研究について勉強します。

 

次世代宇宙航空機のシュミレーターになったり・・・

 

でっかいエンジンの前でパチリ!

 

最後は全員で集合写真!

キッズアースのための特別授業があったりと。

みなさん最後まで大興奮でした。

 

JAXA調布のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

化石の発掘にやって来ました!

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 10:51

昨日より二泊三日で岐阜県の瑞浪市に化石の発掘にやって来ました。

1700万年前の貝の化石を中心にガッツリ取れました!



センサーカメラで野生動物をとらえろ!

  • 2019.08.01 Thursday
  • 15:34

本日から一泊二日で八ヶ岳に来ています。

森の中入って、けもの道を発見してそばにセンサーカメラを仕掛けます!

明日の朝、回収して何が写っているかを検証して発表会です。

楽しみですね!

洞窟の中で色々観察!

  • 2019.06.01 Saturday
  • 15:19

さむーい洞窟の中で色々観察してます!

火山洞窟探検隊!

  • 2019.06.01 Saturday
  • 14:38

本日から今年第1回目のアースユニットです!


今回は富士山の麓の火山洞窟にやってきました。


観光地化されてない場所なので、私たち以外誰もいません。


ホールアース自然学校のスタッフの引率で潜入します。


ヘルメットをしっかり被ってライトを持って、火山洞窟洞窟に潜入します。


特殊な生い立ちの洞窟のお話を聞きながらしっかり勉強しましょう!



アースユニット 「クラゲとイソギンチャクの世界」

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 17:28

本日は年内最後の日帰り野外活動で「クラゲとイソギンチャクの世界」を

実施しました。

 

まずは新江ノ島水族館での専門家による”クラゲ”特別授業を受けた後、館内を

見学しました。

 

午後はキッズアースの教室に戻って来て、今度は”イソギンチャク”の授業です。

 

今回はミニサイズでとってもかわいい”チギレイソギンチャク”を一人に2〜3匹

づつ配って、その生態や飼育の仕方を学びました。

 

今日、配ったのは、まだ赤ちゃんなのでホントに数ミリの大きさでルーペで観察

しないとよく見えません。

 

でも、だんだん育つとこんなふうになっていきますよ。

これでもまだ、1cmもありません。

小さいけどかわいいこのイソギンチャクの飼育キットをみんなに持って

かえってもらいました。

 

みんな、しっかり育ててね〜〜

 

海の危険生物を採取せよ!

  • 2018.11.03 Saturday
  • 15:02

本日より房総半島の大房岬でアースニットです。

今回のテーマは海の危険生物。

まずは海岸にワナをしかけに行きました。

この後、今日で危険生物の授業をしっかり受けて夕食後の夜の海に仕掛けたワナを引き上げに行きます!

何が入っているか楽しみですねー


キッズアースの野外活動

  • 2018.10.14 Sunday
  • 11:13

 キッズアースの野外活動“アースユニット”も今年度は11月3日〜4日が

最後になります。

 

今年も様々なテーマで挑戦してきましたが、

今回は「海の危険生物」をテーマに扱います。

 

 実際の生物を今回も特別講師をお願いしている寺田先生といっしょに

 私たち講師があらかじめ採取しに行って観察に使用しうるものを確保し、

 

 当日は事前に調査済の安全な場所で子どもたちといっしょに

ワナだけを仕掛けに行き、

時間がたってから引き揚げの作業をしてみるつもりです。

 

もちろん、ノートまとめやプレゼンテーションにはたっぷりと時間を

使いますので、参加する子どもたちの学習量は

いつものことですがかなりのボリュームになるはずです。

 

アースユニットを実施するたびに思うのですが、あれだけの学習量を

先生や大人たちに半ば強制されてこなすのではなく、

自ら主体的に取り組むことが出来ているので、

子どもたちにとっての達成感はテストで高得点をとった時よりも

大きいのではないでしょうか。

 

学力も含めた、子どもたちの成長は均一なものではありません。

 

もちろん今後は受験という壁にだれもがぶつかり、

それを乗り越えるためには

テストで点数を取るということが求められるでしょう。

 

ただし、それがゴールではない、ということもまた事実です。

 

アースユニットでは、子どもたちが主体的に取り組むことに

熱意あふれるワールドが生み出されます。

 

その中だからこそ、それぞれの個性がしっかりと見え、

また、それぞれの強みもまた見えてくることも多いのです。

 

そしてその個性や強みをしっかりと捉えて、褒めて

認めてあげることにより自立的な学習に対するモチベーションは

より高めることができるのです。

 

私自身がかつて働いていた学習塾業界の勉強合宿の良さと、

子どもたち自らが考え、行動する野外活動の良さを合体させようと

試行錯誤の結果として

現在のアースユニットがあります。

 

もちろんまだまだ未完成なところもありますので

今後は一層の工夫を凝らし、

安全という確固たる土台の上に、学力にも結び付き、

なによりも主体的に学ぶ力を育むための

合宿にしていきたいと思っています。

 

 

 

 

鎌倉の古民家で草木染にチャレンジ!

  • 2018.09.20 Thursday
  • 19:30

先日9月16日に、キッズアースでは久しぶりの…

親子イベント「鎌倉の古民家で草木染にチャレンジ!」を開催いたしました!

参加してくれたのは、小学1〜2年生の3組様。

 

 

小道を抜けた先には、まるでタイムスリップしたかのような古民家が。

まずは、庭に自然に生えている染色のモトとなる植物を採取します。

植物はみな様々な色素を持っていますが、今回使用するのはイラクサ科の植物です。

 

 

イラクサ科の植物は、古くは繊維を取り出し、布にしていた歴史もあるだけあって、

手で折ってもしっかりとした繊維がついています。

 

採取した植物を水から煮て、色素を取り出す間に、持ち寄った布に「絞り模様」を付けていきます!

インゲンマメやジュズダマを使って小さな丸模様を作ったり、

どうなるかわからないけどぐるぐる巻きにしてみたり、

思い思いに輪ゴムや糸で布をしばっていきます。

 

 

 

模様付けがすんだら、「媒染」という工程に移ります。

この媒染に使うものをかえることで、染まった時の色が変わります。

今回は、みょうばんを使った「アルミ媒染」!

 

 

媒染が終わるといよいよ「染色」です。

煮出した液に入れた瞬間色が入ります!

 

 

20〜30分待つと…

いよいよ染色終了!

 

輪ゴムと糸をほどくと「わー!」という声と共に、模様が見え始め、

タオル、靴下、Tシャツが、どれも優しい作品に仕上がりました!!

 

 

 

 

 

 

 

媒染や染色の間の待ち時間ものんびりと植物や染色のお話しをしていただいたりと、

体験的に染色の仕組みや植物の生き方を学ぶ事が出来ました。

 

ご参加いただきました皆様、染織家のたなか牧子様、

素敵な時間をありがとうございました!

 

今回は単発のイベントでしたが、

キッズアースでは宿泊型のイベントも開催しております!

宿泊型イベントでは、子どもたち一人ひとりが「プレゼンテーション」を行います。

それだけではなく、お子さま一人ひとりにリーダーからのコメントをお送りしています!

 

 

◆◆◆◆◆◆ 次回イベント情報 ◆◆◆◆◆◆

 

「海の危険生物を調査せよ!」

 

○概要:

東京湾の浅瀬でみられる危険生物(ウツボ・オコゼ・クサフグ・ゴンズイなど)を生きたまま

じっくりと観察し、その危険性を考えます。

危険生物の武器はいったいなんなのか。「鋭い歯」「毒のあるトゲ」「内臓にある毒」など、

その武器を標本等で観察し、オリジナルの危険生物図鑑を完成させます!

 

○対象:小学生(定員24名)

○宿泊先:千葉県大房岬少年自然の家

○参加費:32,000円(通塾生)/33,000円(外部生)

○お申込み方法:お電話またはFAXにてお問い合せください

○お申込み締切日:10月20日(土)

 

====================

キッズアース(http://kids-earth.com/)

お電話:0120-407-559

FAX:045-328-6225

====================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの思い出(アースユニット)

  • 2018.08.30 Thursday
  • 18:38

夏休みも終わり、通常授業が始まりましたが、

まだまだ暑い毎日が続いていますね。

 

キッズアースではこの夏も2つのアースユニットを実施し、

たくさんの皆さんに参加していただきました。

 

まず7月25日〜26日は一泊二日で八ケ岳の清里へ。

 

天然記念物に指定されているヤマネの住む森に入り、

そこで生きている植物や地形などを調査してどのような環境が

ヤマネにとって住みやすいのかを考えます。

 

そして、生き物が生きていくための最適な環境についても考えて、

自然の大切さを学びました。

 

8月は22日〜24日の2泊3日で新潟の糸魚川にいってきました。

 

ここ糸魚川は日本列島を分断するフォッサマグナ(中央構造線)の端

に位置し、様々な鉱物が産出しています。

 

中でも日本の国石に指定されている”ヒスイ”の産地で有名ですね。

 

”ヒスイ”は糸魚川で日本で初めてとれた石で、

実は様々な色のものがあります。

 

この海岸では運が良ければ”ヒスイ”を見つけることが出来るのですが、

たとえ見つからなくても様々な模様やカタチの石を、子どもたちは

ミニ図鑑を片手に探しまくりでした。

 

もちろん両アースユニットともに

最後はプレゼンテーション大会でしめくくり。

 

全員、最後までホントウに頑張りました!

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM