理科実験教室・科学体験・論理思考力・私立中学受験・知育知能教育・野外活動・おもしろ実験・イベント実験・ノート作成・記述力向上 キッズアース:自然科学数理教室の最新情報ブログ


古代魚エンコダスの化石!!

夏休みの特別講座を開講しています。

 

今年はあのティテラノサウルスが生きていた白亜紀の古代魚

「エンコダス」の化石です。

 

皆が手に持っているのがそのエンコダスの”歯”や”背骨”の化石

です。

 

もう少し大きくすると・・・

これが歯の化石です!

 

ネットなどで調べればエンコダスの想像図が出てきますが、

かなり狂暴な顔をしていたみたいで、歯も鋭いですね!

 

体長はだいたい1.5mぐらいだったようで、海の大型爬虫類

「モササウルス」等には食べられてしまっていたようです。

 

こちらが背骨ですが、化石が崩れないようにコーティングしました。

 

地球が誕生してから様々な生物が絶滅を経て進化してきました。

そして、現在も様々な生物が環境破壊のせいで絶滅の危機に瀕して

います。

 

このままだと人間もやがては絶滅するかも!?

 

という話にみんなビックリしていましたが、

ここから少し深く、環境問題にも興味をもってくれるといいですね!

| ブログ | 11:45 | comments(0) | -
シャープペンの芯を光らせろ!!

キッズアースでは今週から夏の特別授業が始まっています。

 

本日のテーマは”エジソンが発明した電球を作ろう!”です。

 

電球はエジソンが最初に京都の竹炭から作ったことはけっこう有名ですが・・・

みんなで作った割りばしのツノみたいな先っちょに何かついてますね〜

 

もう少し拡大すると・・・

これはなんだか分かりますか?

実はシャーペンの芯なんです。

 

シャーペンの芯=炭

そうです、同じ炭素から出来ています。

 

電球にはフィラメントというものがついていて

このフィラメントに電気を流すと光りますね。

 

エジソンも最初は炭をフィラメントにして電球を発明しました。

 

それではこのシャーペンの芯に機械を使って電気を流してみましょう!

 

いやー めちゃめちゃくちゃ明るく光りました〜〜〜!!!

まるで本物の電球ですね。

 

まだまだ続く夏の特別授業。

次はどんな実験かな???

 

 

 

 

| ブログ | 13:41 | comments(0) | -
算数検定合格!!

キッズアースでは年間に数回ですが、数検(算検)を実施しています。

 

今年度も第一回目を6月に実施して、先週その結果が戻ってきました。

 

 

たまたま本日の授業で受験したのが、低学年の3人組だったので

この3人の写真しかとれませんでしたが、

もちろん、もっとたくさんの生徒たちが受験して合格しています。

 

キッズアースでは実験クラスのほかに、

論理思考トレーニングのロジカルというクラスがあって、

受験するのはその講座を受講している子が多いのですが、

 

やはり具体的に結果がでると、みんな大喜びです!

 

次は少しステップアップして

算数オリンピックにも挑戦する強者も登場するかな!?

 

 

| ブログ | 16:43 | comments(0) | -
反応熱で目玉焼き

今週の高学年は反応熱を利用して、目玉焼きを作りました!

 

火を使わずに化学反応によって、目玉焼きができるくらいの熱が出てくるのかな?

 

今回は酸化カルシウムを使用して、実験しました。

 

薬品を正しく量り、準備ができたら、卵をアルミホイルのフライパンに投入です!

 

 

持ち手まで作った気合の入ったフライパンに慎重に入れています。

 

酸化カルシウムと水が反応すると、ジュワジュワと音がしてきました!

 

「音がしてきた!」

「煙が出てきたよ!」

 

皆でできあがるまでのようすを観察しながら、待ちます。

 

外から触ってみると、軍手をしていてもわかるくらいの熱さです。

 

そして、ついに完成!!


 

おいしそうにできましたね!

 

「火を使わないから、登山のとき便利だね。」と言いながら、全員きれいに完食です。

 

ですが、まだ実験は終わりません。

 

酸化カルシウムは水と反応すると熱を出し、その後残った物質は水酸化カルシウムとなります。

 

そこへフェノールフタレイン溶液をたらすと…。

 

最後はどんな反応になったか、そこまでしっかりノートにまとめてくれました。

 

さすが高学年ですね!

 

 

 

 

| ブログ | 13:50 | comments(0) | -
燃えるかな?燃えないかな?

先週の1年生は、アルコールランプの使い方を学びました。

 

まずは、アルコールランプ、マッチ、燃えさし入れ、

ぬれ雑巾などをしっかり準備します。

 

そして、マッチを使って火をつけることに挑戦!

 

火のつけ方、消し方などはもちろん、

マッチの持ち方やその他にも細かい注意事項があります。

少し怖がっている子もいましたが、みんな頑張って取り組んでいました。

 

そして今週は、「燃えるものと燃えないもの」についての実験です。

 

先週学んだことをしっかり復習してから、

いろいろなものを火に近づけてみました。

 

 

「燃えたー!」と嬉しそうだったり、「燃えないよ〜」と残念そうだったり。

最後に、どういうものが燃えるのか、どういうものが燃えないのかを学習します。

「もっといろんなものを燃やしてみたいよー!」と、名残惜しそうでした。

 

学年が上がると、アルコールランプを使う機会も増えていきます。

今後の実験も楽しみですね!

 

 

| ブログ | 00:00 | comments(0) | -
メダカの卵の観察。

キッズアースでは1年生の授業で「メダカの観察」をしますが、

 

高学年になると、その応用版ともいえる「メダカの卵の観察」をします。

 

生まれてから間もない卵や、数日たった卵を顕微鏡で観察すると、

卵の内部に様々な変化がみられます。

 

自分が採取した卵がいったい生まれてから何日目ぐらいなのかを

検証して顕微鏡で観察したものをしっかりとノートにスケッチして、

その特徴をまとめます。

 

皆さん大はしゃぎで授業時間もあっという間に過ぎてしまいました!

 

| ブログ | 14:11 | comments(0) | -
洞窟の中で色々観察!

さむーい洞窟の中で色々観察してます!

| - | 15:19 | comments(0) | -
火山洞窟探検隊!

本日から今年第1回目のアースユニットです!


今回は富士山の麓の火山洞窟にやってきました。


観光地化されてない場所なので、私たち以外誰もいません。


ホールアース自然学校のスタッフの引率で潜入します。


ヘルメットをしっかり被ってライトを持って、火山洞窟洞窟に潜入します。


特殊な生い立ちの洞窟のお話を聞きながらしっかり勉強しましょう!



| ブログ | 14:38 | comments(0) | -
名古屋緑校で研修中!

本日はこの春からキッズアースのFC校を開講して頂いている名古屋緑校にお邪魔をして一緒に授業研修をやらせていただいています。

マンションの1室からの開講ですが、

ここの塾長は博士号を持っている本格派の山田先生です!

だからというわけでもないですが、とても深いところまで授業の内容を追求します。

それを子どもたちにいかに楽しく分かりやすく教えるやり方をとても熱心に考えてくれています。

全くの生徒0名からスタートして、2ヶ月足らずでもうすぐ20名に届きそうです!

立地もいいわけではないですが、塾長の情熱が集まってくる子どもたちや保護者の方たちにつたわっているようですね。

これからもどんどん生徒が増えそうなので一緒に頑張りましょう!



| ブログ | 15:08 | comments(0) | -
教育委員会主催 キッズアース実験教室スタート!

JUGEMテーマ:学問・学校

 

今月より東京都狛江市の教育委員会の依頼により、

狛江市中央公民会にてキッズアースの実験教室が開講しました。

 

低学年クラス、高学年クラス別でそれぞれ年間6回実施します。

 

先週土曜日は1回目の低学年クラスでした。

 

電球のつく仕組みを学習して、「電気のチェックマシン」を工作

して電気のとおるものととおらないものを調べます。

 

低学年にも箱をつくるための展開図から教えました。

 

みんな夢中になって頑張ってくれました!

 

ノートまとめもしっかりやります。

 

最後にしっかり復習をして無事に終了しました。

 

高学年クラスは26日(日)です。

内容は「二酸化炭素を作る!」になります。

 

低学年クラスの次回は7月になります。

 

詳しくは狛江市中央公民館までお問合せ下さい。

TEL 03−3488ー4411

 

宜しくお願いします! 

 

| ブログ | 11:36 | comments(0) | -
<< | 2 / 60PAGES | >>
カテゴリー
最近のスタッフ日記
スタッフプロフィール
ホームページ
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES